キャッシングの際に気を付けること

キャッシングは手軽にお金を借りることのできる手段として、多くの人に浸透してきているサービスです。このサービスの魅力は、ローンのように審査が煩わしくないところです。ですから学生や主婦でも手軽に登録をして借り入れを行うことが出来ます。その際にかかってくる金利は少し高めに設定されていることが多いので、借り入れを行うときにはこの点に注意する必要があります。大きな金額を借り入れると、その分、多少金利も高めになることもありますし、金利が変わらなくても返済する利息が大きくなってくるので、元本の返済が遅くなってしまいます。ですから、便利なサービスですが、返済額をきちんと計算した上で借り入れを行うことが大事な要素になってきます。

専業主婦が利用するなら銀行のキャッシングが最適

“低金利で人気が高い銀行カードローンの多くは、専業主婦の利用も受け付けています。通常、専業主婦には収入がありません。その為、個人の安定収入が必要なキャッシング等の商品では利用が制限されてしまうのです。しかし、銀行カードローンの場合は個人の収入がなくても利用できる仕組みになっています。
銀行と消費者金融では、融資に対する規制が違います。消費者金融は個人の収入によって融資限度額が決まりますが、銀行にはそのような規制がありません。その為、収入を得ていない専業主婦でも、各銀行の定める審査基準をクリアすることができれば融資を受けることが可能なのです。
専業主婦が銀行から融資を受ける場合は、基本的には世帯収入が審査の対象になります。配偶者の収入によってと勤務状況等から見た返済能力によって融資額が決定するのです。その結果、個人的な収入を全く得ていない専業主婦でも、思いのほか高額な融資が受けられる可能性もあります。
銀行は消費者金融に比べて、貸付金利が低いという特徴があります。一般の消費者金融では専業主婦が融資を受けるのは難しい為、専業主婦がキャッシングを利用したいなら、専業主婦への融資も積極的に行っており、低金利で利用できる銀行の方が優れていると言って良いでしょう。

即日融資を狙うなら、メガバンク系の借り入れ先でキャッシング!

銀行系カードローンは審査スピードが遅い、と思っている方が多いのではないでしょうか。確かに、銀行系カードローンは審査が厳しく時間がかかるというイメージがあります。しかしそれは一昔前の話です。現在は銀行系カードローンでも消費者金融に勝るとも劣らない審査スピードで借り入れを行えます。もちろん借入先によりますが、早い銀行ですと最短10分?30分の間に審査を行ってくれる銀行がいくつかあります。その中でも最もオススメなのはメガバンク系の借り入れ先です。メガバンクとは現在日本に三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行の3つがあります。この3つの借入先は、それぞれ審査スピードが非常に早く最短即日融資を可能とする借入先となります。もちろん申し込みを行う申請者の加工に債務整理や連帯の履歴が見られた場合は審査で落とされてしまう可能性もあります。そういった履歴に傷のない方でしたら、通常問題なくスピード融資を受けることができます。またメガバンクは銀行系キャッシングと言うことになり、総量規制の対象外ですし、さらには低金利での借り入れが可能となります。消費者金融は最大金利が約18%程度ですが、メガバンク系の借り入れ先ですと最大金利が15%程度。娘にお得な借り入れを行うことができます。

主婦だからこそ必要なキャッシングは主婦でも利用出来るの?

長く続く不況や増税による厳しさを一番肌で実感しているのは、家計を預かっている主婦かもしれません。
収入を増やしたくても、主婦という身分では正社員はおろか、フルタイムで働くことも厳しいのが現実です。
子供が小さければ、専業主婦にならざるをえない場合もあるでしょう。

そんな中で急な出費が重なったり、大きなお金が必要になることもありますよね。
かといって、知人や親戚に借金を申し込むのは、後々の付き合いに影響したり、噂の元になる可能性がありますから、主婦ならば誰でも避けて通りたいものです。

ですから最近では、周りに知られずにお金を借りることの出来るキャッシングは、主婦の間でも広く利用されています。
例え正社員として働いていない主婦でも、短時間勤務や週に3、4日程度のパートやアルバイトであっても収入があり、過去にクレジットカードやローンで何らかのトラブルを起こしていない限り、ほとんどの消費者金融や銀行でキャッシングをする事は可能となっています。
こうして、いざという時にお金を借りられる方法があるという事は、安心感を得られますよね。

ただし、専業主婦となると少し事情が変わってきて、パートやアルバイトをしている主婦よりもキャッシングの出来る業者が少なくなってしまいます。
でも、中には配偶者である旦那さんに一定の収入があれば、キャッシングが利用出来る業者もあるのです。
その場合は、自分の身分証明書の他にも必要となる書類が増えてしまいますが、それでも専業主婦でキャッシングが出来る業者があるというのは、有り難いものです。

金融機関によるキャッシング審査の難易度の違い

キャッシングの新規利用における審査の基準は、金融機関によって大きく異なる場合があります。各社の審査傾向を細部まで調べることは難しいと言えますが、キャッシングを利用したい金融機関の形態から、審査の難易度を推し量ることは可能かもしれません。金融機関と一口に言っても、キャッシング商品を扱う金融機関はいくつかの形態に分けることが出来ます。キャッシングという言葉から最も連想されやすいのは消費者金融だと思いますが、銀行や信用金庫などの銀行業者でもキャッシング商品は扱われているのです。これらを含むキャッシング商品を扱う金融機関を業務形態で分けると、銀行と銀行系消費者金融と専業系消費者金融の3つに分けることが出来ます。この中で最も審査の難易度が高いのは銀行です。銀行のキャッシングは金利が低く、最高限度額も比較的大きいという特徴を持っています。しかし低金利キャッシングを利用するには高い信用が不可欠となる為、どうしても審査が難しくなってしまうのです。銀行よりも審査が易しいのが、銀行系消費者金融です。銀行系消費者金融というのは銀行傘下の消費者金融を指しており、強いバックボーンを持っているのが特徴です。銀行キャッシングほどではないものの比較的低い金利での融資を行っており、基本的に銀行よりも必要とされる審査基準が緩やかです。銀行系消費者金融よりも更に審査の難易度が低いのが、専業系消費者金融です。これは中小系を含む消費者金融を指すもので、前述の2つの金融機関に比べると貸付金利は高めですが、幅広い消費者が利用できるキャッシング商品を扱う金融機関となっているのが特徴的だと言えるでしょう。

20160415

スマホでのキャッシングの申込みは手軽で便利?

今、携帯電話はスマホを持つ人が多いですが、このスマホはインターネット機能もあるのでネットのサイトを開けることが出来ます。

それでサイトを見るだけではなくて通信も可能なので、申し込みや契約までもこなす事が出来るのです。

だからネットを利用するのは、家ではパソコンを利用し、外出先ではスマホを利用する人が多いようです。
続きを読む

20160414

モビットの返済方法は選べる?銀行口座を利用して即座にキャッシング!

元々三井住友銀行に口座を持っていたので、スマートフォンでキャッシングを利用する際に手軽に審査が通り融資が受けられるモビットを選びました。

ブラウザ内だけで申し込みが完了し、電話なども一切無かったので外出時にとても助かりました。

また、そのまま銀行のカードで融資を受け取ることができたので、申し込みから受け取りまでの時間の短さとスムーズさに驚きました。
続きを読む

キャッシングは便利!ゴルフ場からラウンドスタート直前にキャッシング!

銀行からの借入れがあり、毎月決まった日に返済額が口座から引き落としされます。

他に同じ口座から引き落としされるものには、水道光熱費、税金、国民年金、国民健康保険料などがあるのですが、この中で、金額がそこそこ大きくて年4回引き落としされるのが固定資産税です。

ついうっかり引き落とし日を忘れることがあるのです。
続きを読む

20160411

借金の額が多いと利子も多いので注意!

キャッシングというと借金だと思います。

私も少し前までクレジットカードのローン枠で買い物したりお金を借りてギャンブルなどをしたりと相当使ってきました。

キャッシングで1番ダメだと思うのが、自分のお金だと心のどこかで思ってしまい、借りすぎることです。
続きを読む